Vol.16

とにかくTwitterのRTがまわる
Photographer|Arthur(アーサー)さん
@Arthur_Gray

に取材しました。


よくコスナビのイベントに来て頂き
作品のRTやFAVが
凄いことなるアーサーさんです。
作品も素敵だと思いますが
物凄くフォロワーのいる
有名レイヤーさんじゃなくても
まわるので何故か理解できないです。



― まずお聞きしたいのは
  何故RTがまわり、FAVが多数つくのか
  アーサーさんなりの
  分析をお願い致します。


Arthur(アーサー):
うわ。スゴイところに来ましたね。
『物凄くフォロワーのいる
有名レイヤーさんじゃなくても、
まわるので何故か理解できない』って。
なんかこの時点で、
様々なレイヤーをdisって
居るような、
僕もdisられているような(笑)

確かに自分は有名レイヤーさんとは
無縁のローカルカメラマンですが(–;

ええ。
コスナビさんのイベントで撮影して、
帰るまでの間に速報をUPしたら
家に帰ったときには
1000とか回ってる事が多々ありました。

おっしゃる通り
フォロワー数はそんなにいませんから、
純粋にタイミングだと思います。
ある程度以上、
良い写真が撮れていれば、
見てさえくれていれば伸びるもんですよ。
UPするタイミングは。。。
実は気を付けています。
見てほしいですから。
インフルエンサーをつかむ
タイミングは企業秘密です(笑)

― 大変失礼しました。
  全くdisっておりません。
  イベント後、何度もすごい勢いで
  回っているツイートを見たので
  簡単にまわってる感じがして、
  神社・地下トンネルなどなど




― 撮影してツイートが
  これは伸びるってわかりますか?


Arthur(アーサー):
分かります。
っていうかイベントの時に
「良いの撮れた」と思ったら伸びますよね。
伸びる写真ってオーラありますよね。



― いつからRTやFavが
  回る様になりましたか?
  キッカケもお願いします。

Arthur(アーサー):
男性レイヤーを優先的に
撮り始めてからだと思います。
ZoZoさんとかNoriさんとか
AJさん(違)とか。
男性レイヤーさんだと、
気兼ねなく色んなイメージで写真を撮れますから。
ストロボもガンガン直当して、
そのまま無加工でUPしても怒られないですし(笑)



― 撮影のこだわりは?

Arthur(アーサー):
自分の写真、知ってるかもしれないけど
基本的に無加工なんですよ。
もちろんお渡しした写真は
どう加工しようが何に使おうが
口を出すことはないんですけど。
僕がUPするときは無加工という
ルールで撮影を引き受けています。
だからイベントとかの
速報があれだけ早く出せるわけで。

ロケ地やイベントの勢い、
コスプレイヤーさんのコスチューム,
ウィッグ,メイクを十二分に魅せて行きたい。
そういうものが引き立つように気を付けています。
特殊撮影や特殊効果、
僕も使いますけどあくまで味付けとして控えめに、
激辛コッテリ全部入りラーメン
みたいな写真にならないように
気を付けています。
カメラマン色が強すぎて
「どこで誰を撮っても同じでしょ」
みたいなのは避けたいと。
バランスですよね。

あと「後で加工すればいいや」ってのは、
僕のスタイルでは無しですね。
なので
「顔とかもスゴイ写真加工して現実味を消したい系の方」
とはスタンスが合わないかもしれないですね。

そうそう。
最近、海外レイヤーとかの
写真で流行している超加工コスプレも
観るのは好きですヨ。
でも僕は観る専ですね。

― なんと!! 驚きです。
「僕がUPするときは無加工」
流石です!!




― コスプレの楽しさは?

Arthur(アーサー):
コスプレイヤーさんは作品好きが溢れ出てて、
その溢れたパワーでコスプレするわけですよ。
そのパワーが現実の世界に
キャラクター達を出現させるわけですよね。
そしてカメラマンは
そのエネルギーを撮らせてもらうワケで。
 
すごく心地が良いです。
最高ですよね。



― コスナビ写真展に
  毎年出展していただてますがご感想は?


Arthur(アーサー):
毎年すごいエネルギーだと思います。
もっと「なんちゃら賞」
とか増やしてくださいよ。
僕程度でも貰えるような賞が
増えたらうれしいです(笑)
顔が濃いカメラマン賞とか、
撮影が賑やか賞とか。



― 今後の抱負は?

Arthur(アーサー):
初めてカメラを持った時には
コスプレカメラマンでしたから、
コスプレイヤーさんだけ撮る
二次創作カメラマンのみでやってきました。
折角カメラを扱えるようになったので、
地力をつけていろいろな創作的表現に
チャレンジしていきたいです。



Arthurさんには
コスナビ写真展レガシー2020に
出展して頂く事になりました。
現場で勝負しているArthurは
本当に凄いと思います。
是非、レガシー2020
Arthurさんの作品をご覧ください。

 

写真展レガシー2020詳細へ




← MAGAZINE TOPに戻る

396 Views