Vol.5 《神の味噌汁》さんにインタビュー

コスナビアワード2019で
コスナビ賞を受賞した
Photographer|神の味噌汁さん
@Misosoup_of_God
にインタビューしました!

― コスナビ賞を受賞した
 「富士宮 洞窟イベントの作品」

 のこだわりをお願いします。

神の味噌汁:
1番のこだわりはロケーションと
被写体を美しく、その場にそのキャラが
いるかのように見せることです。
あの場所は上の穴から日が差しますが、
日の当たらない場所は暗く、
またスモークを使わなければ
光芒が表現できないシチュエーションでした。

事前にコスナビさんとご相談の上で
スモークを使わせていただき、
日の当たらないところには
カラーフィルターをつけた
ストロボを当てることで、
冥界の女主人たるエレシュキガルが
まさにその場にいるかのような
写真を撮ることができました。


― ちなみに洞窟の作品は
 レタッチなどは加工はしていますか?


神の味噌汁:
Photoshopでのレタッチは、
写真集に掲載する際に穴から引いている
電源ケーブルの削除と
肌レタッチのみ行いました。
その他は全てLightroomの現像のみです。
現像前後の画像をお見せしますが、
全体的に明瞭度を上げつつ彩度を上げ、
左右の明るさを下げて
(補正後はわかりやすく赤く塗っている範囲)、
足元の明瞭度をさらに増しています
(補正後は緑に塗っています)

現像中の写真
こちらがコスナビ賞を受賞した写真


― 神の味噌汁さんの
  所持機材を教えてください。
  その機材の良さも教えてください。


神の味噌汁:
この写真を撮った当時は
SONYのα7RⅡと135mm
Tamronの28-75mmレンズ
を使っていました。

現在は
FUJIFILMのGFX50S
Hasselbladのレンズ群
を使っています。

SONYのカメラは軽くて手ぶれ補正も
使えて暗いところにも強いので
コスプレ撮影には向いているのですが、
肌の色がいまいち気に入らなくなり、
現在のGFXに乗り換えました。

GFXはSONYやCanon、Nikonのような
フルサイズのカメラより
さらに一回り大きいセンサーを
使っていることで、
より忠実に狙い通りの写真表現が
できるようになりました。

またHasselbladのレンズを用いることで、
1/800の同調速度を使えるようになったのも、
ロケが多い最近の撮影スタイルに
マッチしていると感じています。


― 最近、神の味噌汁さんの素晴らしい作品を
  良くお見かけするんですが
  いつ頃からコスプレの撮影を

  開始したんですか

神の味噌汁:
初めてコスプレ撮影に行ったのは
2014年ですので足掛け5年くらい
やっていることになります。
とはいえ最初の2,3年は
月に1度撮影するかどうかくらいの頻度でした。

今のようにのめり込むようになったのは
ここ3年くらいのことです。

初めて行ったコスプレイベントでの
写真がありましたのでお見せしてみます。
いかがでしょうか。

こちらが初コスプレイベント
行かれた時のお写真


― はじめた頃の作品と
  全く別人の作品になってますね
  のめりこむようになったキッカケは?


神の味噌汁:
なんでしょう……
多分ちょっとした成功体験かもしれません。
当時は転職して時間が取れるように
なったこともあって、
いろんな撮影を試してたんですよね。

ちょうどその頃に自分が撮った写真で
「初めて100Favもらいました」って
レイヤーさんに喜んでいただけたのが
すごく嬉しくて。

それがきっかけで、
もっと上手くなりたい、
もっと喜んでほしい、
みたいになってのめり込んでいきました。


― Twitterの反響がキッカケですね笑
  ファボが沢山もらえれば

  自信になりますよね。
  コスプレの楽しい所は?


神の味噌汁:
コスプレの楽しいところは
変数が多いところでしょうか。
風景やスナップは基本的に動かない被写体と、
変えられない天気と変えられるのは
アングルとカメラ設定だけですよね。

コスプレはそこに被写体配置と表情と
ポージングとライティングという
変数を追加できるので、
自分達の努力で最高の一枚を
もぎ取ることができるのが
楽しいと感じています。

それと、他の人と会話をしながら
1つの目標に向かって努力する、
という趣味としてもコスプレ撮影は
本当に楽しい趣味だと感じています。


― 今後の抱負は?

神の味噌汁:
今後の抱負ですが、
ここ4年くらいはずっと
「先月の自分より今月の自分」を
モットーにしてカメラマンをやっています。
表情やライティングやロケーションや
現像からそもそもの人選まで、
味噌汁さんだからこれが撮れたよねって
写真を生み出せるように、
もっともっと研鑽を
積んでいきたいと思っています。

でも人間そんな簡単に成長しないので、
月単位の比較をするくらいで
ちょうどいいかなと思って
楽しくやっています笑

― コスナビ写真展レガシ−2020に
  展示いただけるので楽しみにしています。
  ありがとうございました!


← MAGAZINE TOPに戻る