Vol.7

2019年12月にコスナビLABOで
個展を開催した
Creator|そうびさん
@3sou3

に取材しました!



― 12月にギャラリーを開催したけど、
 どのようなギャラリーでしたか?

そうび:
東方Projectという作品の
コスプレ写真・衣装・小物の
展示ギャラリーでした。
写真のみの展示はよくありますが、
そこにプラスで衣装や小物などの
実物を置くことで、
よりその世界観を感じて
もらえたらと思いました。
実際に、来場頂いた方の中には
衣装を見たいと言って
来ていただいた方も多くみられ、
とても満足して頂けました。
写真はもちろんですが、
リアルな質感なども見て頂くことが出来、
大変満足しています。




― コスナビLABOが天井に布張ったり、
 壁も飾ったりして異次元みたいになってましたが、空間へのこだわりは?


そうび:
コスナビLABOのご好意で、
部屋を好きに飾っていいよと
言っていただきました。
展示会場の空間作りも、
【魅せる】という点で
とても重要視しております。
その場の雰囲気に圧倒されるような、
空間に取り込まれるような
錯覚を覚えてもらえたら、
と思い飾り付けをしました。
照明なども一部あえて暗くしたり…等、
色々な事にチャレンジさせて頂けました。
キャラクターの写真パネルのイメージに
合わせ花や小道具を設置したりして、
写真だけでなくその場の雰囲気も
楽しんでいただけたと思います。




― 東方プロジェクトへの想いは?

そうび:
東方Projectは人生みたいなものですね(笑)
思い入れがとてもあるので、
今回このような自身の想いを
出せる機会を頂き大変感謝しています。
元々、神様や妖怪、
土着の信仰といったものが大好きで、
大学では民俗学を専攻していました。
東方Projectというジャンルに
出会った時は衝撃でした。
少し盲目的な言い方も
良くないとは思いますが、
もう全てが好きっていう感じで(笑)
また、受取手のさまざまな解釈により
キャラクターや世界も
さまざまな表情を見せるので、
ここまで見ていて飽きない、
見れば見るほどどっぷりとハマっていく
ジャンルもそうそうないな…と思っています。
まだまだ表現したいことがたくさんあるので、
これからも東方の私の中の世界観を
表現できていけたらと思います。




― 実際やってみてどうでしたか?

そうび:
実際に展示をやってみて、
言うが安し行うは難し…
をとても実感しました。
準備期間の見積もりや用意する物等、
全てが甘く大変でした。
その節は、色んな方にお世話になりました。
この場をお借りして再度お礼いたします。
連日徹夜状態で準備をしたり、
かなり精神的に張り詰めていたのですが、
なんとか走り抜けることが出来ました。
ひとえに、支えてくれた友人や、
ご来場頂いた皆さんのおかげです。
普段あまりお話する機会がありませんので、
来ていただいた方とじっくりとお話が
できるのもまた新鮮で、
新たな刺激を頂くことができました。
ぜひ、またこう言う機会を
作りたいなと思いました。


― コスナビ写真展レガシー 2020にも
 ご参加いただけるそうですか
 構想はどのようにお考えですか?

そうび:
レガシーではさらに大規模な展示に
したいと考えています。
東方Projectブースを作るのですが、
今回は同じ志の仲間がいるので心強いです!
写真を見るのではなく、
空間ごと楽しめるような、
そんなブースを作りたいと思っています。
装飾や魅せ方など、
まだまだ構想段階のものも多いですが、
皆さんがアッと驚くような事がしたいと
思いますので、
どうぞよろしくお願いします!



7月23〜25日
レガシー2020開催予定です。
皆様お待ちしております。
レガシー詳細ページ





← MAGAZINE TOPに戻

255 Views